お問い合わせフォーム

ご予約はこちらお電話でのご予約03-5534-8117

Instagram 24時間
オンライン予約

インビザライン(マウスピース型矯正装置)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

目 次

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

インビザライン(マウスピース型矯正装置)とは、アメリカのアラインテクノロジー社が開発したマウスピース型矯正装置です。
患者様一人ひとりの症状と治療計画に基づいて、カスタムオーダーでアライナー(マウスピース)が製造されます。

治療前の検査でCTや口腔内スキャナーで歯並びやお口の情報を採取。この結果データをクリンチェックという3次元シミュレーションソフトに取り込み、治療の進行から完成形までをシミュレーションします。
治療開始から完了までに必要なマウスピースをまとめて製造できるため、マウスピース型矯正装置による治療の中でも治療が早く済みます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

目立たない矯正治療

目立たない矯正治療

薄く透明に近い、医療用プラスチック製の矯正装置は装着していても着けていることがほとんどわかりません。
マウスピース矯正は治療中の見た目が気になる方、人と接する機会が多い方などにおすすめの矯正治療です。

取り外し可能

取り外し可能

他の矯正治療とは違い、患者様ご自身で取り外しできるのが大きな特徴のひとつです。
マウスピース矯正はお食事の際に取り外すことができるので、装置に食べ物が詰まる心配が無く治療中も普段通りの食事ができます。

従来の矯正治療より痛みが少ない

従来の矯正治療より痛みが少ない

マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため、従来の矯正治療と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜を傷つけてしまう心配がありません。
治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

※すべての症例(歯並び)に適しているわけではありません。抜歯を必要とするような難しいケースでは対応できない場合もございます。治療可能かどうかはドクターが診断いたします

マウスピース型矯正装置の
メリット・デメリット

メリット ・装置が透明なので目立たない

・取り外して洗えるので衛生的

・食事を自由に楽しめる

・装着時の不快感・違和感・痛みが少ない

・プラスチック製なので金属アレルギーの方でも安心

・口腔内の粘膜を傷つけることがなく、口内炎ができにくい
デメリット ・マウスピースを外している時間が長くなると歯が思うように動かない
(そのため20時間以上使用するという条件が付きます。)

・重度の不正咬合などは適用できない場合がある

マウスピース型矯正治療の
流れと料金


マウスピース型矯正の料金表

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

分類価格(税込)
精密検査
(管理料・調整料込)
¥33,000
マウスピース型矯正装置(インビザライン)
(全顎)
¥880,000〜(調整費込み)
マウスピース型矯正装置(インビザライン)
(軽度の症例)
¥550,000〜(調整費込み)
保定装置料
(リテーナー)
¥33,000
追加アライナー
(枚数による)
¥33,000〜
保定 ¥33,000

マウスピース型矯正の
よくあるご質問

よく寄せられるご質問を紹介します

年齢制限はありますか?

当院では18歳以上の方であれば治療が可能です。

金属アレルギーでも大丈夫?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)では一切金属を使用しません。金属アレルギーのある方でも安心して受けていただけます。

痛くないですか?

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のマウスピース装置は、歯が動く時の痛みを感じにくいように設計されています。
また、表面はツルツルとした触感で、お口の粘膜を傷つけたり、口内炎ができたりすることもありませんので、従来のような矯正時の痛みとも無縁です。

治療にかかる期間はどれくらいですか?

治療期間は、歯並びやかみ合わせによっても変わってきますが、一般的には1年半~2年くらいです。
従来の方法と比べると、ほぼ同じ程度か、症例によっては早く終わる場合もあります。

分割払いはできますか?

はい、できます。治療費のお支払いはデンタルローンやクレジットカードをご利用いただけますので、お気軽にご相談ください。

インビザラインファースト

インビザラインファーストとは

インビザラインファーストとは

子供のためのマウスピース矯正

インビザライン ファーストとは、インビザラインシステムの技術革新により、混合歯列期(乳歯と永久歯の交換期)から使用できる「第1期治療」と呼ばれる時期のマウスピース矯正装置
です。

インビザラインファーストの特徴

インビザラインファーストの特徴

インビザラインファーストは、従来なら、2度に分けていた『顎を広げる』『歯並びを整える』という処置を同時に行うことが
できます。

矯正期間の短縮 + 治療費の削減 =
大幅に実現できます

インビザラインファースト
のメリット

メリット ・透明な矯正装置
矯正装置が目立たないので周りの目が気になる思春期のお子さまも安心して始められます。金属フリーなので金属アレルギーの心配もありません。

・むし歯のリスクが低い
マウスピースは取り外しができますので、食事や歯磨きが普段通り行えお手入れがしやすいです。

・遊びや運動も安心
薄く柔らかい素材のマウスピースですので、「粘膜や歯に当たって痛い」などのトラブルが起こりにくいです。

・通院回数が少ない
2週間前後のアライナー取り替えはご自宅で行います。通院は2~3ヶ月毎ですので通院の負担が少ないです。

※ 決められた時間装着しないと効果が
現れません。
※ 適さないケースもあります。

インビザラインファーストの料金

インビザラインファーストの料金

¥ 220,000~

お口の中の状態は個人差がありますのでまずは、お気軽にご相談ください。

iTero ( アイテロ )
口腔内スキャナ

itero

iTeroとは

口腔内をコンピューターに取り込むことが可能な3Dスキャニング装置です。マウスピース矯正(インビザライン)の制作には欠かせない歯型を取る光学式口腔内スキャナー(3Dスキャナー)歯列をスキャンニングしデータとして記憶する医療機器のことをいいます。

iTeroの特徴

晴海歯科・矯正歯科では最新の口腔内スキャナ(iTero)を導入しております。最先端のデジタルテクノロジーと矯正技術で

・明確
・快適
・精密
・スピーディー

に歯列矯正治療を行うことが可能になり
ました。

itero treatment

明確

口腔内データの画像をご覧いただきながらご自身の歯並びで具体的な歯の移動を予測することができます。
治療計画・シミュレーションをより明確に行うことが可能になりました。

快適

光を当ててスキャンするため、従来のような歯型を取る不快感や嘔吐反射が起きづらいので負担が軽減されます。

itero benefits

精密

最新の光学スキャンニング技術で精度の高いデータ取得が可能となり、今までの歯型を採取する治療に比べてアライナー(マウスピース)の精度も上がりますので、さらに矯正治療の結果が向上します。

※ iTeroは放射線を使用しておりません。スキャニングの光も熱くありませんので安心して治療が受けられます。

スピーディー

iTeroのデータ送付により、従来のアメリカまでの空輸方法に比べて治療開始までの時間を短縮することができます。
1~2週間程度も早くスピーディーに矯正治療をスタートできます。

矯正歯科治療の一般的な治療期間と
通院回数の掲載

治療期間 約24〜36か月間
通院回数 24〜30回

 

▲ 目次に戻る ▲

注意事項

※医薬品医療機器等法(薬機法)の承認を受けていない未承認医薬品です。
※アライン・テクノロジー社の製品であり、アライン・テクノロジー・ジャパン社を介して入手しています。
※国内にもマウスピース型矯正装置として医薬品医療機器等法(薬機法)の承認を受けているものは複数存在します。
※1998年に FDA(米国食品医薬品局)により医療機器として認証を受けています。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

矯正歯科治療に伴う一般的な
リスクや副作用について

1 矯正歯科装置装着後に違和感、不快感、痛みなどが生じることがあります。
一般的には数日間~1、2 週間で慣れてきます。

2 歯の動き方には個人差があります。そのため予想された治療期間が延長する可能性があります。

3 矯正歯科装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院など、矯正歯科治療には患者様の協力が必要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。

4 治療中は矯正歯科装置が歯の表面に付いているため食物が溜りやすく、また歯が磨きにくくなるため、むし歯や歯周病が生じるリスクが高まります。したがってハミガキを適切に行い、お口の中を常に清潔に保ち、さらにかかりつけ歯科医に定期的に受診することが大切です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。

5 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることや歯肉がやせて下がることがあります。

6 ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。

7 ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。

8 矯正歯科装置などにより金属等のアレルギー症状が出ることがあります。

9 治療中に顎関節の痛み、音が鳴る、口が開けにくいなどの顎関節症状が生じることがあります。

10 治療の経過によっては当初予定していた治療計画を変更する可能性があります。

11 歯の形の修正や咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。

12 矯正歯科装置を誤飲する可能性があります。

13 矯正歯科装置を外す際にエナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。

14 動的治療が終了し装置が外れた後に、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす必要性が生じる可能性があります。

15 動的治療が終了し装置が外れた後に保定装置を指示通り使用しないと、歯並びや咬み合せの「後戻り」が生じる可能性があります。

16 あごの成長発育により咬み合せや歯並びが変化する可能性があります。

17 治療後に親知らずの影響で歯並びや咬み合せに変化が生じる可能性があります。また、加齢や歯周病などにより歯並びや咬み合せが変化することがあります。

18 矯正歯科治療は一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

24時間オンライン予約